国際結婚夫婦の韓流日記@ブリスベン


by Ichurch_Taka77
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

パーキングメーターまで“アホ”なオージー




  少々前のニュースであるが、オーストラリアという国

を一言で言うなら、良い言葉で言えばおおらか、

悪い言葉で言うならいいかげんという言葉がこの国に住む多く

の外国人から聞かれるであろう。 

しかし、ここまで“アホ”な話を聞かされると国柄というより頭

の中身まで疑いたくなる話である。



ここブリスベン市内の路上にあるパーキングメーターの話であるが、

なんでも路上に車を駐車してパーキングメーターにコインを、

駐車しておきたい分のお金を入れていざ帰ってきてみるとメーター

は“とっくのとお”に終わっていてみごとに駐車違反切符

をきられていたという話である。 

そしてその駐車違反の切符の時間を見てみると“お金を払ったはず”

の時間に切られているのだ。 

ようするに、1時間分のお金を払って駐車して、

1時間後に帰ってきてみると車に駐車違反の切符が切られていて

切られた時間が30分前になっているという訳である。 

ようするに、1時間分払ったのに30分後にメーターは終わっていて

駐車違反になったといういい加減な国ではすまされない話である。 

そんな“アホな話”に苦情が殺到した市は、調査したところ、

なんとメーターの時間勘定が25分くるっていたという事を発見

したそうだ。 なんでもこのメーター、最近になり新しくした物

らしいが、その導入の際にプログラムでもくるっていたのであろう。 

ケルビン・グローブ、ウールンガバ、とウエストエンド地域にある

メーターが一番問題になっているようである。 


ちなみに去年のブリスベン市のパーキングメーターによる“売り上げ”

は$15億だったそうな。 


そりゃそんなに儲けるだろう・・・・・ 



[PR]
by ichurch_taka77 | 2010-05-25 20:19 | コラム