国際結婚夫婦の韓流日記@ブリスベン


by Ichurch_Taka77
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

やっぱり俺は犯罪者?



先日、こんな事があった。



妻がOffice Worksというオフィス用品や文房具などを扱う専門店

にてコピーをしに行ったそうな。勉強している本のページのコピー

を数箇所ほしかったらしいのだが、数ページのはずが何十枚

のページ分の料金を払ってきてしょげていた。 

そして、「コピー機ってこんな事できたんだ!」と言う。 


みなさんはご存知であろうが、コピー機はコピーサイズを1対1

から凝縮したり拡大したりすることができる。 

それを知らなかった妻はあれこれA4サイズでない本を

“四苦八苦のコピー運動“して数十枚のコピーとなってしまった

らしい。 後に店員に助けてもらったらしいが、

この”事件“を聞いて、”今になりやっと“結婚した当時

に周りの友人に言われた事をしみじみと実感した。




私たちは今年で結婚して6年になるが、結婚当時、

妻は韓国の短大を卒業後に日本に語学留学しその矢先に

私と出会い結婚した。 そうである22歳の社会人経験“なし”

の女性である。 おまけに当時、日本はヨン様を中心とした

韓流ブーム、周りの友人に結婚をする事を話すといつも

こんな会話だった。


Taka: 「今度、結婚する事になったよ。」

友人:「へー! おめでとう! で、相手は何人?」

(注:海外生活が長いせいか、ほとんどの人がこの質問をした。)

Taka:「韓国人だよ。 日本で出会ったから日本語べらべらだけど。」

(注:いまだに私は韓国語をしゃべれません。(涙&罪悪感))

友人:「へ~~~!韓国!! 冬のソナタだ~~~!」

(心の中で:「こういうのを“ドラマの見すぎ”というのだろう。」)

Taka: 「(笑)まあ、俺らの話はドラマと全然違うけどね。」

(心の中で:「冬のソナタ見た事ないし。」)

友人:「で、何歳なの彼女?」

Taka: 「22歳。」

友人:「えええええ~~~!! 犯罪~~~!!」

Taka: 「・・・・・・・・・」



このような会話は100人中100人とも同じパターンでした。(涙)

相手が韓国人と言うと“冬のソナタ~”と言い、

相手が22歳というと“犯罪~~”と言われ。


当時は何を言っているのだと“いつもどおり”人に言われた事

は何事もなかったかのように聞き流していたけど、

あの時の会話が今になり実感を得た。 


そうか妻は学生生活が終わってすぐ結婚したらオフィスなんぞで

働いた事がないからコピー機の使い方もろくにしらなかったんだ。 

なんとまあ・・・・



そりゃ、学生の時だって教科書や本をコピーする機会

はあったであろうが、サイズの凝縮なんぞ必要

もなかったのであろう。 

(逆にろくに勉強もしていなかったのではとつっこむ事

もできるが、さすがの私でもこの状況ではできません。(笑))



世間では若い女性と結婚したがる傾向にあるようだが、

“それ”を狙っているみなさん、上記のような事があっても、

すこしは大目にみてあげましょうね。 


まあ、妻はコピー機の使い方をろくにしらなくても、

彼女が作る韓国料理はとてもおいしいのでよいのですが、

なんだかかわいそうな気がしてならない・・・・



[PR]
by ichurch_taka77 | 2010-06-03 20:27 | コラム