国際結婚夫婦の韓流日記@ブリスベン


by Ichurch_Taka77
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

続編 人は見かけによらない




先日、「人は見かけによらない」という日記を書きましたが、今回はその逆の話。 



いやはや、この2週間で、この年になってもこんな事を2つも学ぶとは・・・・・


この週末、毎週末に夫婦二人で食料品などを買い物に行っている

ショッピングセンターにて、奥さんが新しいコーヒーマシンがほしい

というのでショッピングセンター内の電気屋さんなりスーパーなり

を歩き回り、商品調査をしていた。 


まずは、ハービーノーマンというオーストラリアの大手家電店

にて商品調査を開始した。 ここは店も広く、いろいろな商品

があるし値段も結構と良い。 まずはこの店にて商品と値段

をチェックしてから他の店へと移り、あちこち歩き回った。 


結局そこにあった物を奥さんが一番気に入ったようだった

のでその店に再度戻り、買うことにした。 


そして今回の“出来事”がおこったのである。



そのハービーノーマンの家電コーナーに始めに行った際に、

英語の発音からしてロシア人っぽい女性店員がいた。

フレンドリーに話しかけてくれてとても好印象であった。 

その話しぶりでなく、奥さんが見ていた箱にコーヒーマシン

のディスプレー商品がなく奥さんがディスプレー商品

を見たいと言うと、なんと「ないからしかたないですね」

とわざわざその箱を丁寧に開けてセッティングしてくれたのである!! 


まあ、彼女はオーストラリア人でないというのもあるのであろうが、

このまでのサービス、この国ではめったに受けられない。 

そんな丁寧な対応に感動してはいたが、バリスタとしてコーヒー

を毎日作っている奥さんはコーヒーのプロ、やはりマシン選び

にはうるさい。 ちょうどそれは私がゴルフクラブ選びにうるさいの

と同様であろうと思い、私は彼女の意見を理解するように何も口出し

はしなかった。 すると奥さんは、申し訳なさそうに、

そのわざわざ空けてくれた商品が気に入らないと彼女に告げて

箱に戻そうとした。 

すると、更に驚いた事に、店員のその彼女は「ああ、いいですよ、

私がやりますから、どうぞおかまいなく」と気さくに箱

に閉まってくれた!! 

わざわざここまでしてくれる人なんてそうそういないであろう。 

わざわざここまでやってくれたのに買わなくて申し訳ないと

は思ったが、いらないものはいらん。 

私は妻を次の店へと連れて行った。 


そしてあちこち回った後、結論はそのハービーノーマンで見た物

が良いという事になった。 (その箱から出してくれたものでない物)

私たちは再度、ハービーノーマンに戻りその奥さんが決めた商品

を手にしようとした。 すると、その商品はディスプレーしかなく、

その下に置かれている棚には品切れなのか、箱はなかった。 


そこで私は少々思考をこらして、さきほど、とても丁寧に対応

してくれた女性店員を探した。 彼女に頼んで購入すれば、

彼女の営業成績にもポイントがつくであろうし。


はっきりとしたシステムはわからないが、何度がこの店で商品

を購入した際に店員が商品に彼らの社員番号であろうか、

記入したり、一緒にレジまで行ったりすると、ある番号らしきもの

を購入の際にレジの人が入力していたので、

おそらくそれが各セールスマンの営業成績になるのではないかと、

私は思うのである。 だからこそ、彼女にポイントをあげたくて、

わざわざ彼女を探した。 

店員の態度が悪くて店に苦情を言うのは当然だが、

逆に良い対応をされれば、同じように店にそのむね

を伝えるのも客の義務だと思う。


そして、そのコーヒーマシンコーナーからちょっと離れた場所

にて彼女を見つけた。 覚えてくれていたらしく、

再度、円満な笑顔をくれた。 

そして、ディスプレーの商品を購入したのだが、

下の棚にその商品がないので探してほしい事を伝えると、

さきほどあれだけ丁寧に対応してくれた彼女から

とんでもない言葉が発せられた!!!



「あの~すみません、私、入ったばかりで、どこに何があるか、

よくわからないのですが~」



別にわからない事に怒りはしない。 

誰だって職場についたばかりの頃は知らない事だらけである。

しかし、今回の「人は見かけによらず」のレッスンは、

この彼女、あれだけ丁寧に接してくれたのに自分が分からん事

を聞かれると知らんとばかり何もしないのである!!



「知らね~なら、知ってるやつを呼んで来い、このどアホ~~!」

と叫びたくなる気持ちを抑えて、仕方なしに他の店員が来るの

を待っていた。 そんな棚の商品がどこに保管されているかなんて

誰かに聞けば分かるであろうし、そうでなければ、分かる店員

に俺らを引きつがせるとか、

“当たり前”の方法はいくらでもあるであろう!!!



彼女の言葉と態度にあぜんとしたのは言うまでもない・・・・・



あれだけ丁寧に対応してくれた人が・・・・・・


[PR]
by ichurch_taka77 | 2010-10-10 18:20 | コラム