国際結婚夫婦の韓流日記@ブリスベン


by Ichurch_Taka77
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

神様がお告げになさった数字



数日前、続けて奇妙な出来事があった。


この奇妙な出来事の始まりは木曜日の夕方の妻からの電話で始まった。



ブリスベン市内ど真ん中のビルディング内にある私のオフィスは、

市内どこへ行くにも都合がよい位置でとても気に入っている。 


その日、妻から電話があり、オフィスの近くにある、

韓国のチキン専門店(コズマーケットの下にある店と言えば

分かる人は分かるでしょう)にてチキンBoxをテイクアウト

してきてほしいと電話があった。 

彼女はここのスパイシー・ガーリック・チキンがお気に入りのようで、

このような電話は度々ある。 


仕事も終わりかけた5時過ぎに、歩いてわずか2分ほどのその店に行き、

いつものものをオーダーした。 

すると韓国人の店員のお兄さんが申し訳なさそうに

「すみません、今レジの機械類が全て壊れているので

キャッシュのみの支払いになってしまいますが、よろしいですか?」

と聞いてきた。 そのスパイシー・ガーリック・チキンは$28である。


普段は、友人らと食事に行くか飲みに行かない限り大きな金を財布

に入れていないので、恐る恐る財布を開いた。 


すると、なんと、なんと、みごとに紙幣と$1コインの組み合わせで

$28ぴったりあるではないか!!! 


「おお~$28ぴったりじゃ~ん」と笑いながらその店員に渡すと、

彼も大笑いしながら受け取った。 


そして財布の中身をよく見ると小さいコインが3個あった。 

合計、しめて35セントであった。 

いくら大金を持ち歩かないとはいえ、たったの35セントしか財布

にないなんて、とてもひもじい思いであった。(笑) 

ポケットにはGo Cardという日本のスイカのようなプリペードカード

(電車、バス、船に使える)があるので、かろうじて家には帰れる。 

しかし、紙幣のない財布なんてなんともみじめな・・・・・


そして、そんな“ひもじい財布の中身”が更なる奇妙な出来事

を生むとは、この木曜日の夜に思いもしなかった。




金曜日の朝、オフィスに来ると、いつもは私より後に出社する

ボスがオフィスにもういた。 

別にボスより早くこなくてはいけない事もないので別に

気にはしないが、ボスはちょうどコーヒーを作っている最中

でミルクがないと言った。 


うちのオフィスの人は私も含めてコーヒーをたくさん飲む。 

よってミルクの消費量は多い。 いつもこの手の買い物をしてくれる

パートのおばちゃんはまだ出社していなかったので、

ボスは私におつかいを頼んだ。 

別にビルディングを降りて下にあるコンビニに行くだけの事

なので私は気軽にOKした。 

そして、ボスが「ミルクはコンビニでいくらする?」と聞いてきた。 

はっきりとした値段を二人とも知らなかったのでボス

はポケットにあるコインを適当にくれた。 



見ると合計で$4であった。 


まあ、これで足りるであろうと私はそのコインを握り締め、

“ボスのおつかい”に行った。 


私の財布は昨夜の出費の為、35セントのみである。 


オフィスからわずか1分足らずに位置するコンビニへ行き、

そこでミルクボトルを取りレジへ向かった。


そして奇妙な出来事の“続編”が始まった。



レジのおねえさんが値段をスキャンすると・・・・・



レジのおねえさん:「$4.35になります」



Taka: 「え!・・・・ ぴったりじゃん・・・・・」



そうである、ボスが適当に手渡したコインで$4、

私の財布の残り35セント、手持ちのコイン全てでちょうど

支払いができたのである。 

もちろん足りなければカードなどは財布にあるが、

ここまでシステマティックに金額が合うとは!!!!!  


最初の支払いで$28ぴったり、そして次の支払いで、

適当にもらったコインの合計$4と財布の残りの合計35セント

で$4.35どんぴしゃ and 財布はすっからかん。 



なんという偶然名数字の組み合わせ・・・・・



私の人生、思えば“数字”にまつわる道を歩んでいるような。 


プロゴルフという1打を争い、数字が全ての世界に、

投資や会計というこれまた数字の世界。


だから私は、“数字”というものに敏感である。 


70と言えば2アンダー、81と言えばUSD/JPYレート

(最近のアメリカドルと日本円のレート)又は9オーバー

(ゴルフのスコア)が頭に浮び、

28000円と言えば任天堂の株価が頭に浮び、

1400円と言えばウェザーニュースの株価が頭に浮び、

41ドルといえば、BHPの株価が頭に浮ぶ。 



昨日、オフィスに戻り買ったばかりのミルクでコーヒーを入れて、

自分のデスクでコーヒーを飲んでいるとこの数字が頭

に次々に浮んできて消えない状態が続いた・・・・・



28、4、35・・・28、4、35・・・28、4、35・・・

28、4、35・・・28、4、35・・・28、4、35・・・

28、4、35・・・28、4、35・・・28、4、35・・・



これは、何を意味するのか・・・・・



そうだLotto!!!



Lottoとは、自分で好きな数字を選ぶ宝くじである。 


ゲームの種類はいろいろあるが、数字の組み合わせを

6つなり7つなり選び、決められた日に数字の抽選がある。 

当たれば何億円の世界である。 

そして、私は無造作にもその頭に浮んだ“神様がお告げになさった数字”

を組み合わせて6つなり7つなりの数字の組み合わせを作った。 



そうである、Lottoを買うための数字である。 


ここでどの数字の組み合わせを選んだかは、

当たった際の自己防衛の為に言わない事にする。 


来週になり「いや~実はね~、私、君の遠い親戚でね~」

なんて人が増えるのを防ぐ為である。(笑)



結果は来週にでもお伝えできるでしょうが、

いや、おそらく結果はUpしないでしょうね。(笑) 


それにしても、本当に奇妙な出来事であった。 



28ドルでぴったり払えた夕食のテイクアウト、

ボスのポケットから適当にでてきたコインの合計

と私の財布にたまたま残っていた小銭の合計でちょうど、

ぴったりに買えた牛乳・・・・ 



ティーショットで空振りしてボールを打った訳でないのに

実はホールインワンしてた気分である・・・・



そして、Lottoの結果は・・・・・



[PR]
by ichurch_taka77 | 2010-10-22 15:52 | コラム