国際結婚夫婦の韓流日記@ブリスベン


by Ichurch_Taka77
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブリスベン緊急事態発生!



先週から続いているここクイーンズランド州の大雨の影響で、

報道にもあるように、ロックハンプトンなどで街のほとんどが水没する

ほどの洪水に見舞われている。 すぐそこの街で起きた事件とはいえ

ここブリスベンにいる私には関係ないと、人事のように報道を見ていた

がついに今日、1974年に起きたブリスベン大洪水以来の洪水

に見舞われた。


といってもまだ街が水没した訳ではないが、

電車が止まったり、標高が低い場所の道が閉鎖されている程度

ではあるが、私のオフィスから見える、ブリスベン市の真ん中を走る

ブリスベン川は、日ごろ見ることができない姿へと変わっていた。


昼休みにオフィスを抜け出し、傘をさしながら“やじうま特攻隊”

になった私は携帯でその変わり果てたブリスベン川を撮影した。


普段は川沿いに歩道があるのだが、それが見事に水没しているの

を写真で見て、お分かりになるであろうか。


その現場に行くとやはりと言うか、私と同じように、それはまる

で観光客のように“写真撮影”をしている人達でにぎわっていた。(笑) 

誰かにカメラを渡して、「すみませんが写真を撮ってください」と洪水

に見舞われているブリスベン川をバックに記念撮影

をしているのである。(笑) やはりのんきな国、オーストラリアである。


しかし、その撮影からオフィスに戻ると、街の雰囲気は一転した。 

誰が、どう流したうわさなのかは知らないが「午後の2時に過ぎ

に全てのブリスベンの交通機関が麻痺する」というデマが流れ始めた。 

ブリスベン市内のど真ん中にある私のオフィスがあるビルディング

の人達はみんな家路につくための用意に、それはまるで緊急事態

が発生したかのような雰囲気だった。サイトで、交通機関の情報

を確認すると、確かに電車は止まっているようだが、標高が低い位置

の道が閉鎖されているだけで、多くのバスは走っているし、

もとより私はアメリカのオクラホマ州に住んでいた頃、

トルネードを体験しているので、“ただの雨”でこんなに慌てる人

を見て、本当にばかばかしかった。

(注:テキサス州とオクラホマ州はトルネードが多い州で有名。 

映画で「ツイスター」というのがあったのを覚えているだろうか。)

ブリスベン市内の中心街、クイーンストリートの店は98%

が閉まっていた。 大きな百貨店、Myerも閉まっていた。 

開いているのはコンビニくらいであった。 

そして、道は脱兎のごとく家路につく人達で全車線渋滞。 

バス停は長蛇の列。 何をそんなにあせっているのだろうか。 

どうやらその2時で交通機関が麻痺するというのをうのみに

しているのであろうか。 

私は写真撮影を終えていつもどおりに仕事して5時くらい

に帰宅した。 

帰りのバスは“貸切バス”であった。 

街中も、道も、まるでゴーストタウンとなった街を何事

もなかったかのように通り、私は帰宅した。 


しかし、なんでも明日は、ブリスベン市内は朝の7時から

停電になるらしい。ダムがいっぱいで川の水深が更に増え、

街中の電気施設が水没する可能性があるらしいので、

その対策として停電にするらしい。 


なんという対応であろう。 

アメリカでトルネードが来た際、“その時”にならない限り

停電しなかったのに・・・・ 

この国の公共施設のレベルはメキシコと同じですね。



それはもとより、ブリスベンにお住まいのみなさんのご自宅は大丈夫でした?



f0080096_22383692.jpg


f0080096_22385893.jpg


f0080096_22391521.jpg


f0080096_2239376.jpg


f0080096_22395676.jpg

[PR]
by ichurch_taka77 | 2011-01-11 22:40 | Bigイベント(夫婦喧嘩以外)