国際結婚夫婦の韓流日記@ブリスベン


by Ichurch_Taka77
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

東日本大震災について




“あのニュース”を聞いたのは、3月11日(金曜日)のいつもと変わらぬ

金曜の夕方時であった。 そろそろ帰宅しようと仕事の仕上げをしていた際

であった、会社の同僚のだんなさんから急に電話があり

「東京でM8の大地震があった」と教えてくれた。 

地震が頻繁にある国、日本、地震があってもさほど驚かないが、

彼の言う“東京でM8の”という言葉が家族の安否を心配させた。

急いで日本のニュースをネットで見ると、それが東京でなく東北地方

の海が震源地だったというのがわかり、とりあえず安心はしたが、

報道によると大きな津波があった事と、東京でも大きな揺れ

があった事と、なにより千葉県の市原で石油コンビナート

が爆発したというニュースがあったので、念のため安否の確認の為

に実家に国際電話を入れた。 


が、つながらない・・・・ 


ニュースでは東京や千葉での大災害の報道がないので、

一応は安心しながらも急いで帰宅し、再度、電話を試みた。 


が、まだつながらない・・・・


だめもとで携帯や携帯にメールを送るがそれもつながらない・・・・ 


私の携帯や自宅の電話に会社関係者や友人、

韓国にいる妻の家族から安否を心配する連絡がたくさんきた。 

心配してくれてうれしい限りであった。

しかし、金曜日は連絡がつかず、ニュースで確認する他、

すべはなく床に着いた。 

そして土曜日の昼くらいにようやく電話がつながり家族みな

無事であった事を教えてくれてほっとしたが、まだ余震

がありいつでも逃げれる準備はしているとの事であった。


その後のニュースで仙台方面はとんでもないくらいの

大災害に見舞われている事を知った。

そして現在では原発の爆発による放射能汚染の危険性は、

世界中のメディアが注目している。 


食糧やガソリンが不足しているという実家の話を聞いて

こちらから何か送ろうかと思ったが、空港で働いている弟曰く、

飛行機は海外から来て荷物は来るがそれを郵送する

トラックが動いていないので荷物が山積みになっているとか。 

ということは、せっかく送っても実家に届かないという事である。 


家族に対して何もしてあげれない、やるせない気持ち

でいっぱいである。 


そして何より大災害に見舞われている東北地方の人達には

本当に胸が痛い。

ネットに投稿されていた被爆して隔離されてそのガラス窓

の外から母親と犬が中にいる娘と話している写真を見て、

瞼が熱くなる思いである。



そんな非常事態に、ありえなくらいな非常識な人間

がこの世の中にはいるものである。 

バカな中国人とアメリカ人がネット上で発言した件である。 


いくら戦争でうらみがあるとは言え、それとこれは違うであろう。 

バカな中国人が災害にあった日本に対して「ざまみろ」

と言うような書き込みをネットにしたらしい。 

どこまで腐っているのであろうか中国人は。 


そして更に、アメリカ女子プロバスケットボールの選手

がこれまた「この災害はパールハーバーの天罰だ」

のような書き込みをツイッターにしたらしい。

そしてその書き込みに苦情を入れると「あんたもジャップ?」

と言い返したらしい。

彼女の名前はキャッピー・ボンデクスターという

ニューヨーク・リバティーに所属する黒人選手である。

一応女子バスケ界ではそれなりの選手らしいが、

ここではっきり言わせて貰いたい。 

私はアメリカに約13年住んでいた。確かに歴史を見ると黒人

は差別をされたし、ひどい歴史がある。 

しかし、今現在では、このアホなバスケの選手のように、

“差別をされる理由”をつくる黒人は多い。 

確かに肌の色で差別されている面もある。

しかし、それと同時に「差別をされる理由」も存在する

という事を私のアメリカ滞在経験からも

言わせていただきたい。

どういう教育を受けたらこのような発言ができるのであろうか。 

下記のアドレスが彼女のツイッターのアドレスである。 

どうぞ、アカウントをお持ちの方、一言、苦情でも入れてあげてください。


http://twitter.com/search?q=Cappie%20Pondexter



そして、私が好きな野球の話であるが、開幕直前にて

今回の災害につき、開幕日を変更するかしないかでもめている。 

結局、パ・リーグは開幕を遅らせ、セ・リーグは変更しないという事

になったが(18日現在)、この判断にはどちらの意見にも

何とも言えない。確かにアメリカのNY同時テロが起きた際、

メジャーリーグはすぐに再開した。 “こんな時だからこそ”

という意気込みであったが、まだ、原発の事故の件も解決して

いない時に開幕するというのも、確かに気が引ける気もするが、

“こんな時だから”という考えも理解できるような気もする。


いずれにせよ、開幕しても選手はやりにくいであろう。

両方の意見を背負ってのプレーとなり熱い視線と冷たい視線

の両方を浴びならのプレーになってしまうであろう。 


何よりナイターを実施すると節電してほしいというお願い

に反する事になってしまう。“必要なもの”ならともかく

娯楽のものである。  なかなか難しい状況になると思う。



  そして最後に、食料不足につき「買いだめをやめましょう」

と言っている件であるが、確かに理論的にはわかる話であるが、

原発が更に危ない状況になっている中、落ち着いて毎日買い物

に行ける様な心境ではないであろうに。

誰だって“万が一”の為に買いだめをするでしょう。

それでも、まじめに言う事を聞くのはさすがに日本人

であるなと関心するが、私だったら家族の為に何が何でも

買いだめをしてしまうであろう。  頭数が多い家族でもあるし。 


地震の災害もそうであるが、原発の災害もこれで修まる事

を心からお祈りしています。



[PR]
by ichurch_taka77 | 2011-03-18 23:00 | コラム