国際結婚夫婦の韓流日記@ブリスベン


by Ichurch_Taka77
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

緊急事態発生!!



去る、5月28日(土曜日)の夜、ガーデンシティーの我が家の前

でとんでもない事件が発生した。

先に言っておくがここガーデンシティーはのどかな都市郊外で、

こんな事件に遭遇したのはここに住んで約6年、

初めての事である。



その日は、私は有料のある投資セミナーに参加していた。

このセミナーは土曜日と日曜日の二日間に渡って開催されるもので、

第1日目を終了した私はその日の復習と明日の為の準備を終えて、

早々と床についた。そして、うとうととそろそろ眠り

に入ろうかというその時!! 

3階に住んでいる私の部屋にまで「ガチャーン!」

という窓ガラスが割れるというより打ち砕かれる大きな音がした。

その割れる音と共に若い男の叫び声も聞こえたので、

私はすぐに飛び起きた。 最初に心配して、疑った事は、

道路からクソガキどもが石でも家に投げ込んで我が家

の窓ガラスが割れたのではという心配であった。


飛び起きて窓を見てみると、それは行き過ぎた心配であったが、

すぐさまベランダから下を見た。すると、なぜそうなったのか

想像に苦しむような体勢で、道路の進行方向とは逆に向かって

駐車されている車があった。

ここまで逆走してくるには、入ってくる場所がないので、

相当長い距離を逆走しなければならないし、最初に入れる場所

はそんな逆走をするほどややこしい場所でもない。 

ケンカでもして、わざと突入してきたのであろうか、

そんな状況であった。

そしてその逆走して泊めてある車に3台の車が囲むように

停車し、中からでてきたクソガキテーンエージャーがその車

をびしばしに叩いているのである。


その車の中にいた連中はおそらく助けを求めて近くの家

に駆け込んだのであろう(そう願うが)誰もいなかった。

そして、添付してある写真のとおり車の窓ガラスは大破である。


その後、クソガキテーンエージャーは、逃走したであろうその車

の持ち主を追っかけて車を急発車していった。

もちろん私を含めてここのアパートの住民は

一部始終を見る・聞く事をしていた。



そしてこれからがこの話の本題。 

当然だが、アパートの住民の誰かが警察に電話した。 

おそらく私の部屋の下に住む人であろう、

下から警察と話す会話が聞こえてきた。 

その会話に私も耳をかたむけていたのだが、

さすがはオーストアリアと感動するというより、万が一、

こんな事件が私や私の家族に起こったら

どうなるのであろうという心配にさせるような光景であった。


それは、その警察に電話している彼が、あちこちの部署に、

それはもう適当な、質の悪いコールセンターにたらいまわし

にされているかのように、あちこちの部署に転送されている

ような会話で、同じ話を、私が聞いた限りでは

4度もしていたのである!!!! こんな緊急事態な話なのに。 


さすがにその彼も、「いいかげんにしろ!」と叫んでいたが、

やっとわかってくれたのか、電話の会話は終わった。 

そして、驚く事に、その警察が現場にやってきたのは、

はるかに1時間半を超えての話であった。


クソガキテーンエージャーを追っかけていたといえば

それまでかもしれないが、まず現場にパトカーが1台でも

来てもよいのではなかそうか、被害者の安否だって

確認できてないのに。 アメリカだったらこの手の話、

5分以内にパトカーが少なくとも5台はやってくるし、

銃器などの関連が確認されると警察のヘリコプター

が10分後には空を飛んでサーチライトで何かを探している。

アメリカで何度か警察に電話した経験があるが、

対応といい、オペレーターの会話レベルといい、

最高のものであり、本来の警察が与えるべき、

“安心感”を与えてくれる。 

TV・メディアでアメリカの銃社会や治安を懸念する

意見も多くあるが、私はあの警察のシステムがある限り、

それは違った懸念だと思う。

ここオーストラリアは日本と同様、銃を持てない国であるが、

私はオーストアリアもアメリカ同様、銃社会にすべきだと思う。


理由は1つ、あのオーストラリアの警察の対応レベルでは、

アメリカ人が言う「自分の身は自分で守る」を実行しない

といけないからである。今回の事件だって私がライフルでも

持っていれば防げた事である。

そりゃ銃社会にすればそのクソガキテーンエージャー

が応戦してくるという懸念はあるであろうが、

そこがアメリカの本当の“銃社会の意味”を理解している人

とそうでない人の差であろう。

アメリカは各州により銃の規制が大きく異なる。

しかし、それに従えば銃という武器は“プロテクション(保険)”

になるのである。合法に保有している人と、

非合法に保有している人では、当然、警察の対応

は天地の差になる。 この事は、アメリカでも大きく論議

されている事であり、海外から移り住んだ人とアメリカ

で生まれた人とで大きな意見の食い違いがあるのである。

(私はアメリカ生まれではないが、銃に関してはアメリカ人

に賛成である)

そして、今回の事件、どうせオーストアリア警察はその後の

対応なんかまるでしないであろう。 

それを証明するかのように、事件当時の聞き込みなんか

まるでなかった。アメリカではそういう事をしているの

を何度か見たものであったが・・・・


銃がだめなら、届けを提出すれば保有ができるナイフ

でも購入しておいた方がよさそうである、

この国、オーストラリアでは。 

この国はのどかで住みやすい国であるが、

それは平常な時の話。 めったにある事ではないが、

何かあった際、警察なんかまるで役に立たないであろう。


ちなみに私は金属バットを常に車に入れてある。 

(アメリカにいた際も日本にいた際もそうしていた) 

もちろん自衛の為である。今回の話に出てきたような

クソガキ・ティーンエージャーとの事件に遭遇した際

に応戦する為である。


こんなとんでもない事が夜に起こったおかげで

有料投資セミナーの二日目、半分は上の空、

眠くて眠くてしょうがなかった・・・・


これも警察がすぐ来てくれて対応してくれれば、

こんな事にならなかったのに・・・・


PS. 写真は次の日の朝、撮影しました。 

そして、車のナンバープレートは警察が持っていったようです。



f0080096_148559.jpg


f0080096_149644.jpg


f0080096_14102480.jpg

[PR]
by ichurch_taka77 | 2011-06-05 14:11 | Bigイベント(夫婦喧嘩以外)