国際結婚夫婦の韓流日記@ブリスベン


by Ichurch_Taka77
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:韓流議事録@韓国・日本( 10 )



さて、先週末からお待ちかね、WBC(世界野球)が始まりました。 

「野球って何?」って言われるではないかと思うくらい野球には関心のない、

ここオーストラリアにいると余計に野球が恋しくなります。 ご存知のとおり、

奥さんは韓国人。 さあ大変、アジア予選と今日(9日)にある1・2位決定戦

で日本と韓国が激突します。 

“もちろん”お互いはお互いの国を応援するので、そりゃもうこんな試合

がある日は朝から大変です。(笑)


そして、その韓国、日本そして、野球と言えばこの人、イ・スンヨプです。 

残念ながら今回のWBCへは出場辞退したとかで、出てはいませんが、

彼が残した日韓への功績は大きいものと思います。 



この話は去年の9月に奥さんの実家であるプサンに行った際の話ですが、

プサンまでは、じつに飛行機で2時間弱のまるで日本国内線のような旅です。 

それでも、国際線なので、きちんと食事もでる。 この短時間でサービスしなければ

ならない添乗員の方たちも大変である。 

そして、2年ぶりのプサンに降り立つと真っ先

に気づいたのが、プサン金海国際空港ががらりと変わっていたことである。 



プサンは“これでも”韓国第2の都市。

日本でいうなら大阪にあたる都市であるから、

さぞかし空港も関空とまでいかなくても、伊丹くらいのものを期待する方

もいるでしょうけど、実際は四国か九州あたりの空港とさほど変わらないのです。(笑) 

高知空港は出発ゲートが2つしかないのですが、

なんとプサンの空港も以前はゲートが2つ。 

しかも国際線のゲートが2つである。 そして、笑える事が、空港なのに、

まともなレストランもなくサンドウィッチやホットドック

しか売っていないような売店しかなかった。 

四国や九州の小さな空港でもレストランくらいはあるのに。 

そんな韓国第2の都市にあった“田舎空港”がこの2年で第2の都市らしい

空港へと変身していた。 出発ゲートも増えて、確か6つくらいはあったし、

レストランも2,3つはあった。 なにより、1階しかなかったのが、

2階建てになったのが大きな驚きであった。(笑) 



そんな大変身をとげたプサンの空港であったが、プサンの街中も

この2年で大きな変化があった。 新しい店が出来ている事はさることながら、

驚いた事に、街中のTVでは、あの韓国のヒーロー、イ・スンヨプが出場している

日本の巨人戦を放送していることである。 プサンには、小さい出店がたくさん

あるのだが、そんな出店のレジの横に置いてある小さなTVで、店長らしいおじさん

が熱心に日本の野球、巨人戦を見ているのである。 

もちろん目的はイ・スンヨプである。 



それはもうまるで、日本中が盛り上がってイチロー

が出場しているメジャーリーグ中継

を見ているかのようであった。 

街中をちょっと奥に入って住宅街のある小さな道にある、

絶対に観光客なんかこないような、やおやのおじさんまで熱心に

日本の巨人戦を観戦していたのだ。



画面は見慣れた日本の野球中継であるが、

当然アナウンサーはその映像を利用して

韓国人のアナウンサーと解説者が実況中継をしている。 

そして、TV画面に出ている文字もハングル文字である。


俺は韓国語ができないので、

アナウンサーが言っている事もTV画面になる文字も分からないので、

どっちが勝っているというのがわからない。 


左上にあるスコアを見ても読めるのは数字だけ。 

野球は大好きであるが、俺は中日ファンなので、

他球団の中堅選手の名前を知らない。

だから、選手の名前と成績が画面の下にでても読めるのはやはり、

打率“であろう”数字だけ。 ここは、頭を利かせて、ユニフォームを見て、

ホーム用のユニフォームかアウェイ用のユニフォームかを見てどっちのチーム

が先攻・後攻になっているのかを判断してから左上の数字を見る。 

野球の決まりで、ホーム・チームは後攻となっているので、

これで、巨人が勝っているのか負けているのかが分かる。 

さすがに、選手の名前はわからないので、

選手がバッターボックスに入る際の場内アナウンスを“集中”して聞くという、

少々、忍耐と分析力が必要な野球観戦となった。(笑)



しかし、その画面を見ていて、どうしても“想像”ができない箇所がある。 

それは、通常、試合のスコアを表す画面左上にあるチームの名前と点数の

“更に上”に何やら、1文の記載があるのだ。 そのイニング情報(7回の裏など)

かと思ったが、それはすでに記載されているし、

その1文は文字と数字が混ざっている。



何をどう想像しても、この1文が何を意味するのかが分からなかった。 

そして、奥さんの実家にて家族団らんで巨人戦を観た際に奥さんに聞いてみた。 

すると驚く事を聞いた。



なんと、このスコアの更に上にあるこの1文、“イ・スンヨプ速報”であった。 

その試合に彼がどのような成績を残したかが記載されているのである。 


例えば、「4回の表に2ランホームラン」など。 それは、もうイ・スンヨプ

のためだけに放送されているようなものである。



ここまで話すと日本の野球に詳しい人なら「では、イ・スンヨプが2軍にいた

際はどうだったの?」と疑問に思うであろう。 奥さんの家族の方に聞く限りでは、

放送はなかったようである。 韓国人は韓国人選手がでてなければ、

海外のスポーツは見ないらしい。(笑) 淡白明快な応援である。



この国民的ヒーローになっているイ・スンヨプ選手、アジアのホームラン王

(アジアの、プロ野球の歴史の中で一番、年間ホームランを打っている)

として、日本の巨人と大型契約をした。(最初の契約は、日本のロッテ。) 

メジャーリーグに行ってもおかしくないくらいの選手であったが、“なぜか”日本

の巨人と契約したのであった。 4年間で30億円という破額の契約をしている。 

おそらくメジャーよりも高い提示であっただろう。 

では、巨人はなぜそこまでしてイ・スンヨプを手に入れたかったのであろうか?



ここまで読まれたみなさんならなんとなくその答えが分かりますよね。 


そうです、イ・スンヨプが巨人にいるだけで得られる“経済効果”です。 


その昔、イチローがシアトル・マリナーズに移籍した際に、シアトル市に及ぼす

経済効果は、数百万ドルにもなると言われました。 

そして、なんとシアトル・マリナーズは“過去5年で最も利益をあげた球団“

になったらしいです。 メディアでチームメイトとの仲を報道されていたり

もしましたが、球団は絶対に手放さないでしょうね。  


それと同様に、彼が巨人にいると、韓国メディアから放映権、グッズの販売、

観客動員数に大幅に好利益をもたらします。 

イチローほどの経済効果ではないでしょうが、野球離れが進みつつあった日本

の野球界、巨人の視聴率も下がっていた矢先のイ・スンヨプ移籍話。 


巨人もうまいビジネスを展開したものです。 俺は、巨人は好きではないが、

イ・スンヨプにはがんばってもらいたい。 彼が活躍すれば、韓国人の

日本野球への熱は更に増えるであろう。 おそらく今の韓国ではメジャーリーグ

の放送はないと思う。 今回韓国にいた際に毎朝見た、地元のニュースには、

日本の野球の事はでていたが、メジャーリーグの話は出ていなかった。 

俺の記憶が正しければ、2008年シーズンを通じてアメリカで1年間、

1軍で活躍した韓国人選手はいなかったような気がする。 

イコール、韓国人はメジャーリーグを見ないになる。(笑) 


韓国人の奥さんをもらった身として、イ・スンヨプに活躍してもらい、

日韓の架け橋となってもらいたい。



韓国のTVで彼を見ていて、そう感じた。




[PR]
by ichurch_taka77 | 2009-03-09 19:04 | 韓流議事録@韓国・日本

衝撃的事実!!!

f0080096_20115344.jpg








今年もいろいろなニュースがあったが、正直、私はこの件

についてはあまり気にしてなかった。

(と、言えば怒られるかもしれないが。)


そして、この件についての大きなニュースと言えば、

アル・ゴア元米国副大統領がノーベル賞を取った事であろう。



   そう、地球温暖化の話である。 


政治の話でも日本があげた京都議定書合意

に各国が参加する、 しないでいろいろと論議されている。 


正直な話、こういう話は学者や政治家の間の話で、

消費税や税金と違い、一般の人の生活

に直接かかわってこないので、

あまりぴんとこない人も多いと思う。 



すくなくとも私もその一人であった。 



妻からこの言葉を聞くまでは・・・・・・



「あれ! ずいぶんと砂浜が狭くなってるね、


私が小さい頃はここまで砂浜があったんだよ。」





まず、添付してある写真を見てほしい。 



この写真は妻の出身地である韓国のプサン

にある有名観光地

のヘウンデ(海雲台)という海である。 


妻と結婚式をあげた場所であり、

私は懐かしい気分でその写真

を妻に見せたら、妻から上記のような言葉が返ってきた。 


妻曰く、妻が小さい頃(15年位前)は、写真に入れてある

赤線あたりまで砂浜がありいざ泳ごうとしても、

砂浜をずいぶんと歩いたそうな。 



しかし、今は、写真のとおりホテルが建っている道沿い

に近い位置に波が押し寄せている。 


私はこの海に何度も行っているので、

実際の広さなどがわかるのだが、

妻が言っている砂浜の差は、

100メートルほどはあると思う。 



これは、よくある自分が小さい頃

住んでいた街を訪れたりすると

自分の体が大きくなっているせいか、

道などがとても狭く感じる

のとは違う。 


昔は、ちょうど写真にある、つきでている山のふもと

あたりから海岸線が始まっていたという物理的な目印

で見ているのでやはり海が内陸部

に入り込んでいる証拠なのであろう。



やはり、地球の温暖化というのは進んでいるのであろうか。 

10数年前に比べて海が内陸部に押し寄せているということは、

陸地が徐々に海に飲まれているということになる。 



去年、「日本沈没」という映画があった。 


まあ、この映画は地震と火山噴火により

日本が沈没してしまうので、

日本の科学者が開発した潜水艇にて

その噴火を抑えるという話であったが、

日本のハイレベルな技術は実際、地球温暖化にどう

使われているのであろうか。 



この写真を見て地球温暖化はひとごとではない

というのをつくづく感じた。  


みなさんも、このように、水没しているのが

はっきりわかる写真や場所を知っている方はどうぞ、

ここにリンクしてください。 




海底に落ちていく地球を語りましょう。




[PR]
by ichurch_taka77 | 2007-12-29 20:12 | 韓流議事録@韓国・日本
f0080096_2150065.jpg








ひさびさに登場、爆笑韓国写真集!!!


さー今回もおおいに笑っていただきましょう!!


まず、添付してある写真を見てください。


 ハングル文字の看板の真ん中にある


日本語の看板。



  「がらおけ」



 いったい何の店でしょうか?(笑)



この店も、今回の爆笑韓国写真集シリーズ

で紹介した店の通りにある店です。



この通りには、今回のシリーズに

登場してくる日本語の看板の店が

ならんでいますので、プサンに

行った際にはぜひお立ち寄りください。


おもいっきり笑えます!!



 でも、なんでこの単語に点々を

つけて”がらおけ”になってしまうの

でしょうか????



 いったい何の店でしょう? 

がらおけ>かんおけ>葬式の店


なんて勝手な想像にはしってしまいます。(笑)



  さー今日は金曜日、”がらおけ”

にみんなで行って、ばりばりにのりまくろー!!



[PR]
by ichurch_taka77 | 2007-03-16 21:50 | 韓流議事録@韓国・日本
f0080096_114142.jpg






 さてさて、ひさびさのこの爆笑韓国写真集

シリーズ。  この写真も、前回と

同じレストランのかんばんにあった

ものですが、????

これ、写真がなかったら、

なんのマッサージかな? って思いません?

なんかお灸みたいで、気持ちよさそう

ですけど。(笑)


もやしのつぼ (燃やしのつぼ)なんてね。


でも、”つほ”っていったい何のつもり

だったのでしょうか?


けんとうがつきそうな人、書き込み

お願いします。


今回のシリーズは???ばかりでした・・・・




[PR]
by ichurch_taka77 | 2007-02-11 01:02 | 韓流議事録@韓国・日本
f0080096_22283082.jpg







さてさて、このシリーズも、今回で6回目となりました。

このシリーズを見ていただいている方たちに

少しでも、韓国に愛着がわいていただければ、

うれしく思います。  そんな今回の写真は、

いままでの”お笑い”から少々、はずれて

の写真です。


 まず、写真の日本語の字をよく見てください。


私は、漢字は苦手ですが、どう考えても

何かぬけているような気がしますが・・・・


妻に韓国文字のことを聞いてみると

まあ、写真からもわかるでしょうけど、

これは、”いしやきビビンバ”です。




が、日本語タイトルは、”いしかま ぜ めし”


漢字が苦手な私には、そうとしか読めません・・・・

ひょっとして、”いし・かまぜ・めし”なのでしょうか??

石で焼いた、混ぜてある飯を直訳しようと

した結果なのでしょうか???


みなさん、どう思います?????






[PR]
by ichurch_taka77 | 2007-01-12 22:29 | 韓流議事録@韓国・日本
f0080096_22205734.jpg







まずは、みなさん、明けましておめでとうございます!!

日本とは違い、ここオーストラリア(アメリカでも)

では、クリスマスを盛大に祝い、正月はなにも

なかったかのように、いきなりスタートします。

日本のようにおせち料理、正月、というものは

ありません。  仕事だって2日からきちんと

始まります。(涙)

 
 さてさて、好評をいただいている、

爆笑韓国写真集。  今回も、前回と

同じ場所に記載されていた、メニュー。


写真を見てもらうと、 ”ジメバイモタン”

とあります。 

これは、いったいなんだろう?

と文字をどこで区切れば間違えが

見つかるであろうかと、あれこれ

考えていた。


ふっと写真をみると・・・・・・


「あああああ!!!  ”イモ” ね!!!」

ジメガイモ →→→ ジャガイモ  でしょうか。


なんだが、ガメラだかゴジラがでてきそうな

名前ですね。 (笑)

でも、これは、そんな名前を忘れさせる

ほどうまそうに見えません? この写真。



[PR]
by ichurch_taka77 | 2007-01-04 22:19 | 韓流議事録@韓国・日本
f0080096_22335658.jpg








 この写真を店の前にかざっている店も、

爆笑韓国写真集(その3)に記載した

店の近くにあり、 海雲台の海辺の

一番、終わりの一角にある

店です。  

レストランは、けっこうと大きそうでしたが、

日本語の部分ををよーーく見てください。

”かいさん”(おそらく海産?)までは

分かりますよね、英語で言うところの

See Foodでしょうか。

問題はこの次です。

”ぶっなべ”とは、どんだけ

ぶっとんだ(?)(飛ぶ)なべなのでしょう。


まるで、ウエイターに持ってきてもらったら

そのまま、ぶっかけられそうな名前で

すよね。 

ちなみに、このメニューを日本語読みで

韓国人に発音させると、

「かいしゃんぶちゅなべ」

と発音しそうです。 (笑)



 と、奥さんをからかっていると、

「あんたこそ、ちゃんとした、

キムチの発音してない

じゃん!」だって。 

正式の発音があるようですが、

何をどー聞いても”キムチ”

に聞こえますが・・・・・




[PR]
by ichurch_taka77 | 2006-12-22 22:34 | 韓流議事録@韓国・日本
f0080096_21442186.jpg










まあ、漢字で”豚肉”とあるので、

豚の肉なのでしょうが、

”カルヒ”って何?


なんか、豚とカエルの肉を

まぜてそうで、すごーく

まずそうに聞こえるのは、

僕だけでしょうか・・・・


 この店も、今回、泊めてもらった

海雲台にある親戚のおばさん

の家の近くにあるものでした。

せっかく日本語で書いてあるのに

日本人らしき人はだーれも

見かけませんでした。


 と、言うより週末の夜なのに

この店だけ、がらがら・・・・・


やはり、豚でなく”何か”の肉

なのかな・・・・・・





[PR]
by ichurch_taka77 | 2006-12-16 21:44 | 韓流議事録@韓国・日本


  さてさて、爆笑韓国写真集その2。


今回の話は、韓国語の会話で使われる

日本語の単語の話。


韓国語は日本語にくらべてだくおんが

まざった単語が多い。 

その反面、さ行などの、だくおんで

ない発音はあまりないらしい。



そのせいであろうか。 日本語の

単語を韓国人が発音すると、た行や

さ行に”てんてん”やちっちゃい”や”などを

付けてにごらせてしまう。


このお店は、私と妻が結婚式をあげた

Grand Hotelという海雲台という

海の観光地にあるホテルで、芸能人も

よくここで結婚式をあげている有名な

ホテルの中にあった店である。

今回、里帰りした際に、”あの店”の

写真を撮りたいと妻と二人で、カメラを

持って行ったのだが、なんと、なくなって

いた。  「こんな看板つけてたら、みんな

どっかにいっちゃうよね。」


なんて妻と笑いながら話ていた。

その看板には、こう記載されていた。


「どこや」


 この文字と共に、青と赤の線のマークがあった。


そうである、”とこや”のマークである。

とこやの”と”をにごらせて、”ど”と書いてしまい、

「どこや」という看板をあげているのである。

しかも、5つ星の外国人がよくくる有名ホテル

にである。(笑)

 「そんな、”とこや”に行こうとしている

俺に”どこや”(どこなの?)なんて聞くなよ」

なんていう笑い話にもなりそうな看板であった。

こんな看板をあげていたせいか、

2年たった今、その店はなかった。

だから今回、写真でお見せできなのが

残念である。 



 そういえば、韓国にある日本食のメニューで

”どんかつ”なんてのもあったっけ。

なんか気合が入ってそうな食べ物だけど・・・・


 ちなみに、今回、親戚の家を訪問した際に

見せてもらった写真のアルバムに、

俺と奥さんの写真の下に、英語で、

"Daka and Yihee"なんて書かれてたっけ。


私の名前、タカ(Taka)さえも、発音がにごって

しまい、ダカになってしまっていた・・・・・



[PR]
by ichurch_taka77 | 2006-12-07 19:46 | 韓流議事録@韓国・日本
f0080096_22435098.jpg








この写真は、今回、泊めてもらった

奥さんの親戚のおばさんのマンションが

ある海雲台(ヘウンデ)にある

焼肉屋さんの看板である。


 よーく見て欲しい。 何か変なことに

気づいたかな?









  日本語の部分の最後の単語に

注目してほしい。

これは、おそらく、日本語をわからない人、

もしくは、あまり日本語を話せない人が、

日本語のわかる人に、この文を書いてもらい

その文字を見ながらコピーしたのであろう。

どうみても、カルビーの真ん中の

ルを”の””れ”という2文字と思ったので

あろう。 

カルビー(かるびー)が、カノレビ(かのれび)

になっているではないか!!!



 このことは、初めて韓国に行ったときから

気づいたのであるが、こんな間違い

(日本語の単語)を平気で

書いている看板がちらほらあるのである。


きっと、店のオーナーも誰かに言われて

気づいているのであろうが、韓国人は

あまりそういうのを気にしないらしい。

指摘しても、「ああ、それ間違いだから

気にしないで」と言われて終わりらしい。


はたして、この看板を見た日本人は

この店に入るのであろうか・・・・


「カルビーのスペルを間違えるくらいだから

オーダーも間違えるんじゃない」と

思うのか、「おもしろい!」と笑って

済まし、レストランに入り”土産話”

にするのであろうか。  


泊めてもらったおばさんの家は、

この店の近所だが、

日本人がよく泊まっているホテルは

反対側のせいもあるのか、店の周りで

日本人に会ったことがない・・・・


 ちなみに、僕らはこの店に

いったことがありません。 



[PR]
by ichurch_taka77 | 2006-12-04 22:44 | 韓流議事録@韓国・日本