国際結婚夫婦の韓流日記@ブリスベン


by Ichurch_Taka77
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:とある朝の出来事( 3 )



  その日の朝は、最近の天気にしては、めずらしく肌寒い朝であった。

夏用の掛け布団で寝ていた私たち夫婦は、その薄っぺらい布団を力

のごとく奪い合っていた。私はその“無意識のうちに行われた戦争”に負けたのか、

肌寒い思いをして何度か目覚めた記憶がある。その戦争に勝ち誇った妻は、

おそらくきもちが良い目覚めだったのであろう、

そしてさぞかし良く寝れたのであろう、私より数十分早く起きていたようだ。 

就寝中、寒くて度々起きた私はまだ寝たりなく、

妻が起きた後も少々の間寝ていた。

そして寝ぼけている私に妻はこう話かけてきた「昨夜はとっても寒かったね。

この布団じゃ足りなかったよ。今、外は天気が良い晴れだけどまだ寒いね。」

寝たりなく寝ぼけている私にはその理由の半分が“布団奪い合い戦争”

に負けたせいであることへの反論はもちろんできなかった。

ただ単に寝ぼけながらにも「そうだね、寒いね」としか言えなかった。 


すると妻はそんな寒がっている私に、結婚7年の妻の愛情とでも言うのか、

彼女は私の手にやさしく、そっと“てぶくろ”をつけてくれた。

なんと心の優しい妻なのであろう、気温が低い朝に、先に起きて、

私を気遣い、私の手に“てぶくろ”をつけてくれるとは。 

妻のやさしさに寝ぼけながらも感動している際には、

1年中温暖なブリスベンに住む私たちには“てぶくろ”というものを

持ち合わせていない事なんぞ頭のすみにもなかった。 


そんな妻のやさしさにひたりながら私はもう少しの間、寝ていた。

その“てぶくろ”は表面がぬいぐるみのウールのようにふさふさしていて

とても肌触りがよく気持ちが良いものであった。

寝ぼけて寝続けていた私はそれをきもちよさそうに

自分の顔につけていた。 


妻のやさしさに心は温まり、妻がつけてくれた“てぶくろ”

で手は温まり、その“てぶくろ”でなでた顔は気持ちよく温まり。 


それはもう幸せな結婚生活7年を象徴するかのようなモメントであった。

そんな幸せモードにいた私はさぞかし気持ちよさそうな顔

をしていたのであろう、私もそんな顔をしていたような気がする。 

そんな幸せモメントもそろそろ終わりにしなければいけないなと

脳裏のどこかが思い始めた頃、“現実の世界”が騒々しくなった。

一瞬それは目覚まし時計かなと思ったがいつもの音とは違う。

私の寝ぼけモードが段々と解消された時、それは妻の笑い声だと気づいた。 


私は妻の笑い声にて、妻の幸せモードから目覚めてしまったのである。 

そして私の意識が現実のそれとなったとき、目の前で妻が涙を流して腹

をかかえて笑っていた事に気づいた。 


そしてこう言った。「Takaさん、幸せそうな顔して、大きなくまがねそべって、

ねこちゃんみたいに手をなめてた~。 ギャハハハ~」 


夢から覚めたばかりの私はまだ現状把握というものができてなかったが、

それでも、妻の愛情に答えるがごとく「そりゃ君のやさしい愛情が

この俺の“手をつつみ”朝のうたたねができれば世界中の男、

誰だって幸せ顔になるだろう」と私にはまるで似合わない、

なにかトレンディードラマの台詞みたいな事を言おうとした

その瞬間、なぜ妻が涙を流しながら大笑いしている、

“その理由”が分かった。 


結婚を7年もすればこんな愛情表現もあるものであろうか・・・・・


私の手には、妻が昨日、1日中履いていた“くつした”が両手についていた・・・・・


[PR]
by ichurch_taka77 | 2011-04-23 21:49 | とある朝の出来事


さて、シリーズ第2弾! 今回は、恋のお話。


前回の第1弾にて紹介した交差点を過ぎると、

通勤に利用するバス停まで行く途中、ショッピングモールの駐車場

を横切ります。 その小さい道に屋根つきの通路のような場所があり、

(添付写真参照)その真ん中あたりにベンチがあります。 

今回はそのベンチが舞台。



そのおじさんは、ここ3年ほどであろうか、

毎朝見ていたような気がする。 年齢は60台後半くらいの白人のおじさん。 

毎朝、びしっとスーツで決めて、少々ダンディー風のおじさんであった。

そのおじさん、毎朝、そのベンチで座って細い道の通行人

を見ていた。 おそらく私が彼を覚えてしまったように、

彼も私の事を覚えているであろう。 しかし、彼は誰とも話さず、

誰にも挨拶をせず、ただ単にそのベンチに座っているだけであった。 

特に不振な行動をしている訳でもないし、そんな怪しい雰囲気

がある訳でもない。 でも、定年したおじさんの朝の散歩

にしてはかっこよすぎる格好だし・・・・ 


別にあやしくもないおじさんだったので、特に気にもせず、

ただ単に約3年もの月日が流れたのであろう。

ほぼ毎朝見るそのおじさんは、まるで毎朝見る風景の1ページ

となり私の脳裏にうずくまってしまったのであろう、

もう何も気にしないで毎日だけが過ぎ去っていった。 


そして、数ヶ月前、約3年もの間、このおじさんの前を通っているのに、

この日になぜか偶然、なぜそのおじさんがそのベンチ

に座っていたのか、理由を知る出来事に遭遇したのであった。 



その日は別に早くとか遅く出勤した訳ではない、偶然であった。 

でも、なぜ約3年もの間、その偶然に出くわす事

ができなかったのであろう。



そのおじさんは、ある車が到着すると急に笑顔になりベンチ

から飛び起きて、その車に笑顔でゆっくり近づいていった。

そして、その車から出てきたのは60台前半くらいのおばさんである。 

毎朝、来ているとなるとおそらくショッピングモールで働いている人

であろう、それに、それらしいユニフォームを着ていた。

そして、そのおばちゃんが車から降りると、同じように笑顔

でそのおじさんに歩み寄り、朝の挨拶とキッスを彼にした。


そうである、このおじさんは、毎朝、このおばさんの到着

をそのベンチで待っていたのである。

これが、20台の若い女が相手だったら私もそんなに気

にしなかったであろうが、相手は同じくらいの年齢である。 

なんだか、ほのぼのしい風景であった。

いくつになっても恋は忘れるものでないものだなと。


しかし、通勤のバスの中で、さきほど見たほのぼのしい風景

の分析が頭の中で勝手に始まってしまった。 

あの場所で毎朝、会うと言う事は結婚している訳ではない、

まだ付き合っている段階であろう。

20台の若い女なら、うわきがすぐに頭をよぎるが、

相手は同年代。 まあ、うわきだって考えられない事もないし、

あの年代ならお互い、相手と死別していて、

再婚を考えていてもおかしくはない。

ただ分かる事は二人とも幸せそうな笑顔をしていた

という事である。

何か、あるしがらみや苦しみからとき放されたような

笑顔であり、今での二人の笑顔は脳裏に残っている。


約3年の年月を経て解き明かされた謎のおじさん

のベンチ待機の理由。 その日以来、おじさんを見ると、

なんだかこっちのうれしくなってしまい、ちょっと顔

がほこらんだものだが、12月に入り、なんとそのおじさん

を1度も見ていない。 

以前は、毎日のように見ていたのに・・・・ 


人事とはいえ、その“理由”がとても気になり始めた。

ネガティブな想像をするなら、“別れた”、“終わった”、“死んだ”

など勝手な想像が浮かんでくるが、

ポジティブな想像をするなら、“結婚した”である。

結婚していれば、わざわざベンチで彼女を待っている必要

もないであろうし。



12月は24日にてクリスマス休暇に入る為に、

実質3週間ちょっとしかおじさんに会うチャンスはないのだが、

約一ヶ月、そのおじさんを見ていないというのは、

いささか気になる話である。 


その理由がポジティブな理由であってほしいが、私には知る余地もない・・・・




f0080096_19211111.jpg

[PR]
by ichurch_taka77 | 2011-01-06 19:21 | とある朝の出来事


 毎朝、なにげに通り過ぎている通勤路。 来る日も来る日も同じ道を、

ほぼ同じ時間に歩いている道。そんな平凡すぎる時と場所であるが、

最近、そんな“平凡なシーン”を“よく見ると”意外にも、

楽しい事、すごい事が起こっている事に気づいた。


そんな“とある朝の出来事”をシリーズ化にしてお伝えする新コーナーです。 

今回はその第1弾!!



  この出来事は、その日が始めてではなかった。

その日が多分、3度目くらいであろう。

そして、その日、“その謎”が解き明かされた・・・・・



私が現在、住んでいるアパートはバス停がある

ガーデンシティーショッピングセンターより徒歩で10分ほど

の場所である。ブリスベン市内のど真ん中のオフィス

で働いている私はバス通勤をしている為、そのバス停まで毎朝、

歩いている。家を出て大通りに沿って歩いてゆくと大きな

交差点にでくわす。 このドラマはその交差点で起こっていたのだ。 


とある朝、いつものごとくバス停に向かう為に歩いていると、

その交差点に40代で体育系の体格をした白人男性が、

サングラスをして立っていた。格好は短パンにポロシャツ

とどこにでもいそうなオージーのおじさんであった。

しかし、雰囲気といい、彼の行動といい、“普通”ではなかった。

彼はその交差点にある横断歩道の信号の下に立ち、それはまるで、

何か、いや、誰かを探しているかのように周囲をうかがっていた。 

そして、私が彼の半径20メートル付近に近づくと彼の“サーチ圏内”

に入ったのであろう、彼のサーチモードは一気に私に向けられた。 

彼の視線を観察すると、“やはり”普通でない。 

私を見たり、私の横を走る道を見たり、時には対向車線を見たり。

彼の背中には、小さいリュックサックがある。中から銃を引き抜き、

私に銃口を向けようとするには、周りに目撃者になろう車が多すぎる。

スナイパー(殺し屋)ではなさそうである。


それは元より、誰かに恨まれる事をした覚えはない。

覚えてないだけかもしれないが、私をしとめるには、

最悪の場所であろう。 いったいやつは何者? 

そんな質問が頭を何度もよぎった。 


すると次に思ったのは、“保険屋の調査員” 

アメリカでは交通事故などの際の、高額請求の場合、

保険屋が独自に雇っている私立探偵が、請求者の言っている事

があっているかを調べる場合がある。 

例えば、交通事故に遭い下半身不随になり歩けなくなり

何億円の訴訟を起こした場合、こっそり家や、職場の周り

に調査員が隠れていて本当に車椅子で動いているか

を写真におさめる為に隠れている場合がある。 

しかし、そんな訴訟を起こした事もないし。 


最後に思ったのが、警察関係。 ここオーストラリア

で警察と関係があったのは、車の運転中のスピード違反だけである。 

きちんと罰金も払ったし、まさかそんな事で私服警官

が俺を見張るはずはないし、そうなるとアメリカからはるばるやってきた

FBIかCIAか? 約13年のアメリカ滞在の記憶を約10秒

で振り返ってみた。

それならなんとなく、少々うなずけるような気もするが・・・・・



というのはもちろん冗談であるが、あれこれ考えている

と私はついに彼の目の前に到着してしまった。 

すると、何か言われるのかと思いきや、

「もうお前のサーチは終わった」と言わんばかりに、

私のことはしらんぷり。 いったい何だったのだろうか・・・・



そんな奇妙な出来事を忘れかけた、とある日の朝、

再度あの“調査員のようなFBIエージェントのような”男

を見かけたのである。格好は前回と同じような格好である。

サングラスをしているのではっきりとした顔は分からないが、

おそらく同一人物であろう。 

前回と同様、私が彼の“サーチ圏内”に入ると私とその周り

をじろじろ見始めた。そして前回と同様、

私が彼のそばまで歩み寄ると、何事もなかったかのように、

私を忘れ、他の物又は人をサーチし始めたのである。

そして前回同様、彼は信号機の下に立って観察しているだけで、

何もしていない。 しいて言うなら時々、隠しているトランシーバー

のような物で誰かと会話をしていた。 

私がそばにいる際は、話していなかったので誰と何

を話しているかは定かでない。 


あきらかに“その筋”の人と確信したが、この話を警察

に持って言っても、何の被害を受けた訳でもないし、

何より“その筋”の人だったら政府関係の人であろうから

警察だって相手にはしてくれないであろう。


そんな不安と好奇心が入り混じった出来事に先月、

再度出くわした。 今回はタイミングが良かったのであろう、

ついに、その真相をつかむ事ができた。



その日も、前回と同じように朝の時間に、出勤の際にバス停

に向かって歩いていた。そして同じように、彼のサーチ圏内

に入ると、彼は私を観察し始めた。そして今回は前回と違い、

ちょうど私が横断歩道に近づこうとすると、

車の左側のレーン(私が歩いている歩道のすぐそば)は信号

が赤でも注意して左折ができる場所であった。 


本来は歩行者である私がいる場合、車は止まって私を先

に歩かせなければならないが、多くの人がやっていないと思う。

私はそんな事も期待せずに車が通過するのを待った。

そして、その車もそれが当たり前のように走り抜けた。 



するとその瞬間!! 

その“その筋”系の男が隠してあったトランシーバーにて車

の種類、ナンバープレートを相手に話し、

捕まえるように命令していた。 

興味深くその車を目で追っていると左折した道の先に警官

が数人急に出てきて、その車を誘導して、彼らの方へ止めさせた。


あ~!! 覆面の警察官であった!! 


ここは大通りが交差している交差点でときおり、

そのような交通ルール無視にての交通事故がある。

それを取り締まるための警察官のチームであったのである。


こんな私服を着た警察官がこんな事をしているのを私

は初めて見たが、これはとても良い事だと思う。

交通ルールを守るなんて当たり前の事ができずに事故

が起こっているのであるから。

私の前を通り過ぎた車だって、私が交通ルール通り、

車が止まるものと歩いていたら、みごとに引かれていたであろう。 


その日から数日後、また彼が交差点に立っていた。 

そして、同じように私が彼のサーチ圏内に入ると、

前回と同じように私と私の周りをサーチし始めた。

今度はなんの不安や好奇心もなしに普通に歩き、

彼のそばに歩み寄った際に

「ご苦労様。そしてありがとう」と心でささやいたのであった。




f0080096_1311571.jpg



f0080096_13121850.jpg

[PR]
by ichurch_taka77 | 2010-12-31 13:12 | とある朝の出来事