国際結婚夫婦の韓流日記@ブリスベン


by Ichurch_Taka77
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:Bigイベント(夫婦喧嘩以外)( 3 )

緊急事態発生!!



去る、5月28日(土曜日)の夜、ガーデンシティーの我が家の前

でとんでもない事件が発生した。

先に言っておくがここガーデンシティーはのどかな都市郊外で、

こんな事件に遭遇したのはここに住んで約6年、

初めての事である。



その日は、私は有料のある投資セミナーに参加していた。

このセミナーは土曜日と日曜日の二日間に渡って開催されるもので、

第1日目を終了した私はその日の復習と明日の為の準備を終えて、

早々と床についた。そして、うとうととそろそろ眠り

に入ろうかというその時!! 

3階に住んでいる私の部屋にまで「ガチャーン!」

という窓ガラスが割れるというより打ち砕かれる大きな音がした。

その割れる音と共に若い男の叫び声も聞こえたので、

私はすぐに飛び起きた。 最初に心配して、疑った事は、

道路からクソガキどもが石でも家に投げ込んで我が家

の窓ガラスが割れたのではという心配であった。


飛び起きて窓を見てみると、それは行き過ぎた心配であったが、

すぐさまベランダから下を見た。すると、なぜそうなったのか

想像に苦しむような体勢で、道路の進行方向とは逆に向かって

駐車されている車があった。

ここまで逆走してくるには、入ってくる場所がないので、

相当長い距離を逆走しなければならないし、最初に入れる場所

はそんな逆走をするほどややこしい場所でもない。 

ケンカでもして、わざと突入してきたのであろうか、

そんな状況であった。

そしてその逆走して泊めてある車に3台の車が囲むように

停車し、中からでてきたクソガキテーンエージャーがその車

をびしばしに叩いているのである。


その車の中にいた連中はおそらく助けを求めて近くの家

に駆け込んだのであろう(そう願うが)誰もいなかった。

そして、添付してある写真のとおり車の窓ガラスは大破である。


その後、クソガキテーンエージャーは、逃走したであろうその車

の持ち主を追っかけて車を急発車していった。

もちろん私を含めてここのアパートの住民は

一部始終を見る・聞く事をしていた。



そしてこれからがこの話の本題。 

当然だが、アパートの住民の誰かが警察に電話した。 

おそらく私の部屋の下に住む人であろう、

下から警察と話す会話が聞こえてきた。 

その会話に私も耳をかたむけていたのだが、

さすがはオーストアリアと感動するというより、万が一、

こんな事件が私や私の家族に起こったら

どうなるのであろうという心配にさせるような光景であった。


それは、その警察に電話している彼が、あちこちの部署に、

それはもう適当な、質の悪いコールセンターにたらいまわし

にされているかのように、あちこちの部署に転送されている

ような会話で、同じ話を、私が聞いた限りでは

4度もしていたのである!!!! こんな緊急事態な話なのに。 


さすがにその彼も、「いいかげんにしろ!」と叫んでいたが、

やっとわかってくれたのか、電話の会話は終わった。 

そして、驚く事に、その警察が現場にやってきたのは、

はるかに1時間半を超えての話であった。


クソガキテーンエージャーを追っかけていたといえば

それまでかもしれないが、まず現場にパトカーが1台でも

来てもよいのではなかそうか、被害者の安否だって

確認できてないのに。 アメリカだったらこの手の話、

5分以内にパトカーが少なくとも5台はやってくるし、

銃器などの関連が確認されると警察のヘリコプター

が10分後には空を飛んでサーチライトで何かを探している。

アメリカで何度か警察に電話した経験があるが、

対応といい、オペレーターの会話レベルといい、

最高のものであり、本来の警察が与えるべき、

“安心感”を与えてくれる。 

TV・メディアでアメリカの銃社会や治安を懸念する

意見も多くあるが、私はあの警察のシステムがある限り、

それは違った懸念だと思う。

ここオーストラリアは日本と同様、銃を持てない国であるが、

私はオーストアリアもアメリカ同様、銃社会にすべきだと思う。


理由は1つ、あのオーストラリアの警察の対応レベルでは、

アメリカ人が言う「自分の身は自分で守る」を実行しない

といけないからである。今回の事件だって私がライフルでも

持っていれば防げた事である。

そりゃ銃社会にすればそのクソガキテーンエージャー

が応戦してくるという懸念はあるであろうが、

そこがアメリカの本当の“銃社会の意味”を理解している人

とそうでない人の差であろう。

アメリカは各州により銃の規制が大きく異なる。

しかし、それに従えば銃という武器は“プロテクション(保険)”

になるのである。合法に保有している人と、

非合法に保有している人では、当然、警察の対応

は天地の差になる。 この事は、アメリカでも大きく論議

されている事であり、海外から移り住んだ人とアメリカ

で生まれた人とで大きな意見の食い違いがあるのである。

(私はアメリカ生まれではないが、銃に関してはアメリカ人

に賛成である)

そして、今回の事件、どうせオーストアリア警察はその後の

対応なんかまるでしないであろう。 

それを証明するかのように、事件当時の聞き込みなんか

まるでなかった。アメリカではそういう事をしているの

を何度か見たものであったが・・・・


銃がだめなら、届けを提出すれば保有ができるナイフ

でも購入しておいた方がよさそうである、

この国、オーストラリアでは。 

この国はのどかで住みやすい国であるが、

それは平常な時の話。 めったにある事ではないが、

何かあった際、警察なんかまるで役に立たないであろう。


ちなみに私は金属バットを常に車に入れてある。 

(アメリカにいた際も日本にいた際もそうしていた) 

もちろん自衛の為である。今回の話に出てきたような

クソガキ・ティーンエージャーとの事件に遭遇した際

に応戦する為である。


こんなとんでもない事が夜に起こったおかげで

有料投資セミナーの二日目、半分は上の空、

眠くて眠くてしょうがなかった・・・・


これも警察がすぐ来てくれて対応してくれれば、

こんな事にならなかったのに・・・・


PS. 写真は次の日の朝、撮影しました。 

そして、車のナンバープレートは警察が持っていったようです。



f0080096_148559.jpg


f0080096_149644.jpg


f0080096_14102480.jpg

[PR]
by ichurch_taka77 | 2011-06-05 14:11 | Bigイベント(夫婦喧嘩以外)



  私が現在働いている会社グループ内に政府からの援助金にて

運勢されているNGO法人がある。当然、政府の人からの情報

をよく耳にするのだが、今回はその情報でみなさんにお伝えしたい

情報を。 と言ってももうブリスベン市が運営するサイトなどに記載

もされているのでご存知の方もいらっしゃるでしょうけど。



その情報とは、“ブリスベンにアイススケートリンクができる”という事です。 

ここブリスベンは1年中比較的暖かく、私がこの話を聞いたとき

「アイススケート?」と頭上に?マークがたくさん飛んでしまいましたが、

これが短期的なイベントでそれが6月にあるとなれば、

まあ納得がいくでしょうか。 


最近もそうですが、6月になれば、気温も下がり、

アイススケートをやりたくなるような季節になるでしょうし。


場所はブリスベン市内にあるCity Hall(シティーホール)

の前にあるKing George Square(キングジョージ・スクエァー)です。

仕事帰りにひとすべりなんてのもいいですね! 


でも、この私、運動はなんでも、ひととりできますし、

スケート類もきちんと滑れ、転倒なんてする事もないのですが、

問題が1つ・・・・ 


実は“止まり方”を知らないのです。 


ですから、アイススケートリンクではいつも、

誰かにぶつからないと止まれないというとても

迷惑なやつなのです。

こんな私ですが、どなたか一緒に行きませんか?(笑)



詳細

場所:King George Square(キングジョージ・スクエァー)

期間:2011年6月9日より6月26日まで

時間:

月曜日から金曜日 12時から11時PM
土曜日: 10時AMから11時PM
日曜日: 10時AMから8時PM

費用:今の所、詳細はつかめていません


PS. オーストラリアのもので夜の11時まで

運営しているなんて、とても驚きました!!!


[PR]
by ichurch_taka77 | 2011-05-17 17:55 | Bigイベント(夫婦喧嘩以外)


先週から続いているここクイーンズランド州の大雨の影響で、

報道にもあるように、ロックハンプトンなどで街のほとんどが水没する

ほどの洪水に見舞われている。 すぐそこの街で起きた事件とはいえ

ここブリスベンにいる私には関係ないと、人事のように報道を見ていた

がついに今日、1974年に起きたブリスベン大洪水以来の洪水

に見舞われた。


といってもまだ街が水没した訳ではないが、

電車が止まったり、標高が低い場所の道が閉鎖されている程度

ではあるが、私のオフィスから見える、ブリスベン市の真ん中を走る

ブリスベン川は、日ごろ見ることができない姿へと変わっていた。


昼休みにオフィスを抜け出し、傘をさしながら“やじうま特攻隊”

になった私は携帯でその変わり果てたブリスベン川を撮影した。


普段は川沿いに歩道があるのだが、それが見事に水没しているの

を写真で見て、お分かりになるであろうか。


その現場に行くとやはりと言うか、私と同じように、それはまる

で観光客のように“写真撮影”をしている人達でにぎわっていた。(笑) 

誰かにカメラを渡して、「すみませんが写真を撮ってください」と洪水

に見舞われているブリスベン川をバックに記念撮影

をしているのである。(笑) やはりのんきな国、オーストラリアである。


しかし、その撮影からオフィスに戻ると、街の雰囲気は一転した。 

誰が、どう流したうわさなのかは知らないが「午後の2時に過ぎ

に全てのブリスベンの交通機関が麻痺する」というデマが流れ始めた。 

ブリスベン市内のど真ん中にある私のオフィスがあるビルディング

の人達はみんな家路につくための用意に、それはまるで緊急事態

が発生したかのような雰囲気だった。サイトで、交通機関の情報

を確認すると、確かに電車は止まっているようだが、標高が低い位置

の道が閉鎖されているだけで、多くのバスは走っているし、

もとより私はアメリカのオクラホマ州に住んでいた頃、

トルネードを体験しているので、“ただの雨”でこんなに慌てる人

を見て、本当にばかばかしかった。

(注:テキサス州とオクラホマ州はトルネードが多い州で有名。 

映画で「ツイスター」というのがあったのを覚えているだろうか。)

ブリスベン市内の中心街、クイーンストリートの店は98%

が閉まっていた。 大きな百貨店、Myerも閉まっていた。 

開いているのはコンビニくらいであった。 

そして、道は脱兎のごとく家路につく人達で全車線渋滞。 

バス停は長蛇の列。 何をそんなにあせっているのだろうか。 

どうやらその2時で交通機関が麻痺するというのをうのみに

しているのであろうか。 

私は写真撮影を終えていつもどおりに仕事して5時くらい

に帰宅した。 

帰りのバスは“貸切バス”であった。 

街中も、道も、まるでゴーストタウンとなった街を何事

もなかったかのように通り、私は帰宅した。 


しかし、なんでも明日は、ブリスベン市内は朝の7時から

停電になるらしい。ダムがいっぱいで川の水深が更に増え、

街中の電気施設が水没する可能性があるらしいので、

その対策として停電にするらしい。 


なんという対応であろう。 

アメリカでトルネードが来た際、“その時”にならない限り

停電しなかったのに・・・・ 

この国の公共施設のレベルはメキシコと同じですね。



それはもとより、ブリスベンにお住まいのみなさんのご自宅は大丈夫でした?



f0080096_22383692.jpg


f0080096_22385893.jpg


f0080096_22391521.jpg


f0080096_2239376.jpg


f0080096_22395676.jpg

[PR]
by ichurch_taka77 | 2011-01-11 22:40 | Bigイベント(夫婦喧嘩以外)