国際結婚夫婦の韓流日記@ブリスベン


by Ichurch_Taka77
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2007年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

衝撃的事実!!!

f0080096_20115344.jpg








今年もいろいろなニュースがあったが、正直、私はこの件

についてはあまり気にしてなかった。

(と、言えば怒られるかもしれないが。)


そして、この件についての大きなニュースと言えば、

アル・ゴア元米国副大統領がノーベル賞を取った事であろう。



   そう、地球温暖化の話である。 


政治の話でも日本があげた京都議定書合意

に各国が参加する、 しないでいろいろと論議されている。 


正直な話、こういう話は学者や政治家の間の話で、

消費税や税金と違い、一般の人の生活

に直接かかわってこないので、

あまりぴんとこない人も多いと思う。 



すくなくとも私もその一人であった。 



妻からこの言葉を聞くまでは・・・・・・



「あれ! ずいぶんと砂浜が狭くなってるね、


私が小さい頃はここまで砂浜があったんだよ。」





まず、添付してある写真を見てほしい。 



この写真は妻の出身地である韓国のプサン

にある有名観光地

のヘウンデ(海雲台)という海である。 


妻と結婚式をあげた場所であり、

私は懐かしい気分でその写真

を妻に見せたら、妻から上記のような言葉が返ってきた。 


妻曰く、妻が小さい頃(15年位前)は、写真に入れてある

赤線あたりまで砂浜がありいざ泳ごうとしても、

砂浜をずいぶんと歩いたそうな。 



しかし、今は、写真のとおりホテルが建っている道沿い

に近い位置に波が押し寄せている。 


私はこの海に何度も行っているので、

実際の広さなどがわかるのだが、

妻が言っている砂浜の差は、

100メートルほどはあると思う。 



これは、よくある自分が小さい頃

住んでいた街を訪れたりすると

自分の体が大きくなっているせいか、

道などがとても狭く感じる

のとは違う。 


昔は、ちょうど写真にある、つきでている山のふもと

あたりから海岸線が始まっていたという物理的な目印

で見ているのでやはり海が内陸部

に入り込んでいる証拠なのであろう。



やはり、地球の温暖化というのは進んでいるのであろうか。 

10数年前に比べて海が内陸部に押し寄せているということは、

陸地が徐々に海に飲まれているということになる。 



去年、「日本沈没」という映画があった。 


まあ、この映画は地震と火山噴火により

日本が沈没してしまうので、

日本の科学者が開発した潜水艇にて

その噴火を抑えるという話であったが、

日本のハイレベルな技術は実際、地球温暖化にどう

使われているのであろうか。 



この写真を見て地球温暖化はひとごとではない

というのをつくづく感じた。  


みなさんも、このように、水没しているのが

はっきりわかる写真や場所を知っている方はどうぞ、

ここにリンクしてください。 




海底に落ちていく地球を語りましょう。




[PR]
by ichurch_taka77 | 2007-12-29 20:12 | 韓流議事録@韓国・日本