国際結婚夫婦の韓流日記@ブリスベン


by Ichurch_Taka77
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

韓国製、毒入りうどん

f0080096_2152544.jpg



f0080096_21522674.jpg






先日、家の近くにある、韓国マーケット(Lotte Mart)

にて、韓国のインスタントうどんを買いました。


添付してある写真のものが、”かつおうどん”で

かつおぶし風味のうどんです。 そして、もう1つの

味が、”ユッケジャン(ビーフ)”風味のうどんです。

(ユッケジャンのものは、青色のパッケージ)



 このうどん、結構といけて、おすすめ1品なのですが、

最近、”また”体の成長期が始まったのか、夜に異常に

おなかがすきます。(笑)  まあ、朝は、早くから

夜は仕事から帰ってきて、新しい投資戦略をエクセルで

プログラムしながら、あーだ、こーだ研究しているせいも

あるのでしょうが、このうどん、そんな為の夜食に

もってこいの1品なのです。



 ですから、最近、俺の勉強机の上にこのうどんが

2,3個ならんで置いてあるのですが、いつも”なぜか”

2,3個買っても、1つしか食べないのに、再度、買いに

いかねばなりません。 


 
  なぜだ? なぜだ? なぜだ?  研究の

しすぎで、数の数え方がくるったのか???

それとも、ねずみに食われたのか????




 その答えが、わかったのは、思いもよらない

ある日、俺が残業をして、遅く帰ってきた日に判明した。



”妻がぬすみ食いをしていたのだ!!!!”


 家に帰ってくると、台所に食べふるした、この

うどんがあるではないか!!!!!



 帰ってくるや、一番先に目にはいった。 そして、

妻はそれを”わかった”かのように、笑いながら、

「このうどん、とてもおいしいでしょう!」

なんて、いままでの盗み食いの罪なんか関係ねー

という口調であった。(笑)


 これは俺の夜食であるので、ほしければ、

今度、店にいった時に自分の分もよけいに買いなさいと

言ったが、はたして、妻がそれを聞くかは疑問である。



そこで、名案を発明!



”何が書いてあるかわからない”このハングルだらけの

うどんのパッケージ(本当に英語もなにも記載がありません)

添付してあるもう1つの写真のように、”日本語訳”を

つけておけば、妻も手をだすまいと、注意書きをぺたっと

つけた。 



「毒入り、食べたら死にます。」



 それが効いたのか、このうどん、数日間、無事に

俺の机の上で生き延びていた。 


が、が、しかし、重大な事を俺は忘れていた・・・・・



”私の奥さんは、韓国人”・・・・・・・・・・・・・


そんな注意書きの下にあるハングルなんて、簡単に

読めてしまう人だというのを忘れていた・・・・・

(まあ、あれだけ、日本語がたっしゃなら、しょうが

ないと言えば、それまでだが。)



 というわけで、今回、生き延びたうどんは、昨日、

さっさとたいらげて、”おいしいひととき”を満喫した。

そして、次回は、おしいれのすみにでも隠すことにした。

でも、それを忘れて、数年後に、色が変わってでてくる

なんてことがないとよいが・・・・ 



 最後になりましたが、この俺のおすすめ、うどん、

上記にもあったように、ハングル文字しかないので、

購入された方の為に、簡単な調理法方を:



1.パッケージを開けて、うどんとぐ”のみ”を
入れて、お湯を入れる。

2.そして、すぐにマイクロウェーブ(電子レンジ)に
入れて、3分あたためる。

3.そして、出してからすぐに、スープの粉を
入れる。



 最初、てっきり、”通常のインスタント”食品のように

お湯入れておしまいかと思ったら、妻にそうおそわりました。

確かに、上記の手順でやるのと、ただお湯を入れるだけでは

味がぜんぜん違いました。



 マイクロウェーブでうどんが、更にこしがでるのか、

更に熱くなったお湯でスープの味が倍増するのか、

疑問である・・・・


(ちなみに、このうどんには、毒なんか入ってません。(苦笑))



[PR]
by ichurch_taka77 | 2008-06-15 21:52 | 韓流議事録@ブリスベン



今日の朝、ここブリスベンはものすごい霧であった。

こんなにまで、霧が街をおおったのを見たことがなかったので、

仕事に行く前に、わざわざ、ブリスベンからサウスバンク

まではしっている橋の真ん中まで行って写真を撮ってきました。


携帯のカメラですが、予想以上にきれいに撮れてました。


 ここまで、霧におおわれると、まるで”天空の城、ラピュタ”

の世界ですね。(笑)  空に浮く街、ブリスベン、

雲の中を走る!  なーんてね。


 太陽がビルディングの横に写っている写真は

神秘的でしょう?!





f0080096_2013629.jpg


f0080096_2021429.jpg


f0080096_2023521.jpg


f0080096_203118.jpg


f0080096_2032738.jpg

[PR]
by ichurch_taka77 | 2008-06-13 20:03 | 韓流議事録@ブリスベン

f0080096_2215172.jpg



f0080096_22153970.jpg



f0080096_2215588.jpg



f0080096_22161490.jpg







 数年前から、ブリスベン市内観光スポットの一つ、

City Hallの時計台の目の前を工事していた。

なんでも、トンネル工事だったらしい。


ブリスベンは、ここ数年で人口数が急上昇している。

そのおかげで、通勤時、帰宅時の交通渋滞は

何年も前から問題になっていた。 

(と、いっても、アメリカの大都市や日本に比べたら

序の口ですがね。(笑))


 その解決策の1段として、このトンネル計画が発表され

先月にようやく開通した。 


 まず、添付してある写真をみてほしい。



何か気づきませんか?


初めて入って、俺は「あれ?」と思いました。

日本での生活が長くない、俺でもなんとなく日本にいる

ような錯覚に陥ってしまい、携帯のカメラをおもわずパシャ。


なんだか、なつかしくなった気分でした。


(話は飛ぶが、”なつかしい気分”になると、

なぜだか、ビックマック(マクドナルド)や、タコベル(アメリカにある

メキシカンのファストフード店)を食べたくなる。)



 このトンネルのおかげで確かに通勤は楽になった。

特に帰り。 いままでは、マイヤーセンターの地下にある

バス停でながい、ながいラインを待って、バスの順番を

待っていたが、今はそれをしなくてよくなった。

確かに人はいるが、長いラインでなく、バスに人が全部

入るくらいの人で、しかもみんな座れる。

このトンネルが開通されてから、帰宅の際に、立ったまま

バスに乗った事がない!


ありがとう、ブリスベンの政治家さん!! と言いたいところだが、

考えてみると、俺、会計士の仕事をして、1日中、PCの

スクリーンとにらめっこして、1日中、座っているんだよね。

バスの中くらい、たってた方か、ケツに良いのかな?



[PR]
by ichurch_taka77 | 2008-06-11 22:16 | 韓流議事録@ブリスベン